ムダ毛の構造

ムダ毛の構造について

ムダ毛の構造

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通うなら、ムダ毛の構造についても知っておきたいところです。

 

ムダ毛は、脱毛など美容上は目に見える部分が無くなることが必要ですが、機能上重要な部分は目に見えない部分にあります。

 

ムダ毛が生えているところの断面図を示しますので、各用語について順に解説して行きます。

 

毛幹と毛根の区分

ムダ毛が毛穴から露出していて、目に見える状態の部分を「毛幹(もうかん)」と呼びます。一方、毛穴の中にあり目に見えない部分を「毛根(もうこん)」と呼びます。

 

脱毛など美容上重要なのは、毛幹が無くなることですが、ムダ毛つまり体毛の機能上重要な部分は、すべて毛根に集中しています。

 

毛根の各機能

毛根の一番外側には、「毛包(もうほう)」と呼ばれる袋状の組織があります。毛包が皮膚表面に開いた出口が「毛穴(けあな)」です。

 

毛包の奥には、「毛母細胞(もうぼさいぼう)」が詰まっています。毛母細胞は、体毛の素になる細胞で、人間の細胞の中でももっとも速く成長するものの一つです。このため、ムダ毛は体感できる速度で成長して行くのです。

 

毛母細胞の奥には、「毛乳頭(もうにゅうとう)」があります。毛乳頭は、毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞に伝えることで体毛の成長を支えています。

 

毛乳頭は、体毛の成長に無くてはならないものなのです。

 

脱毛施術は毛乳頭に対して作用します

光脱毛とかレーザー脱毛のような脱毛施術は、すべて毛乳頭に対して作用します。

 

照射する光の熱を、毛乳頭に伝えて、熱凝固作用をもたらし、毛乳頭の働きにダメージを与えるものです。毛乳頭が十分に働かなくなることで、ムダ毛が成長しなくなるわけです。

 

私たちが、ラヴォーグのような全身脱毛サロンで脱毛施術を受ける時、その脱毛施術は毛乳頭に効いているということなんですね。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ 岡山駅前店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!