光脱毛について

光脱毛の特徴

光脱毛

光脱毛(ひかりだつもう)は、ラヴォーグのような全身脱毛サロンで主力となっている脱毛施術方法です。


光脱毛は、現在主流となっている脱毛施術方法のなかで最も新しいものですが、脱毛できる原理はレーザー脱毛と基本的に同じです。光の「熱」を、毛根部に伝えることで、ムダ毛が生える機能を弱めるのです。


ポイントは、光の熱が直接毛根部を熱するというわけでは無いこと。光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンを介して、毛根部の毛母細胞・毛乳頭に伝えて、ムダ毛を生む機能を弱める方法です。


黒色は可視光線の熱をもっとも吸収しやすいので、日差しの強い日に、黒い服を着ていると熱くなりますが、光脱毛も基本のリクツはこれと同じです。


光脱毛のメリット

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは、大きく2つ、施術料金が安いことと、痛みが少ないことです。


光脱毛は、レーザー脱毛と違って医療機関でなくても取り扱うことができますので、脱毛サロン全体の運営コストを抑えることができます。これが安価な施術料金につながっています。


また、照射する光のパワーが弱いために、肌に伝わる熱量も小さくなります。肌に伝わる熱が、ぱちっとした痛みの原因ですので、熱量が小さいことが、痛みが少ないことにもつながっています。


光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは、脱毛効果が限定されることです。個人差はありますが、ムダ毛が再発することもあり得ます。


また、ムダ毛のメラニンを介して毛根に熱を伝えるものですので、毛穴にムダ毛が存在していないと脱毛効果が発揮できないということになります。(これはレーザー脱毛も同じです)


このため、毛周期のなかの成長期のムダ毛にしか効果が無く、脱毛施術が完了するまでには一定の時間がどうしても必要となります。


総合的に、光脱毛のメリットは大きく、費用対効果に見合う脱毛効果は十分にあります。とくにはじめて脱毛をするという人は、光脱毛の方が無難でしょう。


ラヴォーグのような光脱毛を行う全身脱毛サロンに通うメリット、費用対効果は大きいと言えますが、デメリット、限界部分もあたまの片隅に置いておくと良いと思います。


脱毛サロンと医療脱毛の違い

これは豆知識的なことですが、脱毛サロンと医療脱毛の違いは、脱毛施術の方法にも現れています。


脱毛サロンの場合は、一部にブラジリアンワックスの脱毛サロンもありますが、ほぼ光脱毛を採用していると思ってよいです。光脱毛の別名として、フラッシュ脱毛とかIPL脱毛などと呼ばれることがありますが、基本的には同じものです。


医療脱毛クリニックの場合は、一部にニードル脱毛を行うクリニックもありますが、多くの場合はレーザー脱毛を採用しています。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 岡山駅前店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!